Aazbu Tailor Crest

Azabu Tailor Crest

Bespoke 前端

未分類

お気に入りに追加

冬物の仮縫いもほぼ終わり、工房は職人の方に仕事を出す準備に大忙しです。
本日は細かいところをピックアップ致します。
前端とはラペルから、前裾にかけてのアウトラインです。
ここは、釦の位置で裏と表が入れ替わる複雑な形状をしています。
立体的に返す為の、工夫をご紹介させて下さい。

お伝えしたいのはスーツのラペルが返るところで、「前身頃」と「見返し」が縫い合わさる部分です。 「前身頃」はボディの前の部分です。

そしてその裏にくるのが「見返し」です。

まだ縫い合わせてない状態です。見返しと前身ごろが重ね合わされています。返った状態にしたいので、鈴木氏が手で押さえてる形を固定していきます。

すごく、わかりにくいのですが鈴木氏の指の少し下のあたり、丁度返り始めるところの端を少し切り落としています。

切り落とされた部分です。わざと糸をほつれさせて生地の方向を正しくつかんでいます。

ミシンで縫う箇所を仮止めとして縫っていきます。この作業が繊細で重要です。返りはじめの位置は立体を意識して止めていきます。前身ごろを上に向けてラペルを返した状態で縫っています。

つづいてラペルの位置は見返しが表にきて前身ごろは裏に隠れます。ここでは外側にくる見返しを少し伸ばしながら止めていきます。鈴木氏の左手がそれぞれの生地を別々に掴んでいます。伸ばされたり、窮屈にされた生地が戻ろうとする力を利用して立体的なラペルを作ります。

ある程度進みました平らの状態にして止めます。フラワーホールの横あたりです。この時はスーツが見返しを上にしてあります。必要に応じて縫製する状態を変えていきます。

襟先が近づいて参りました。ここからまた見返しを引き延ばすようにして縫い目を細かくしていきます。 襟先に到着しましたらもう一度、ひっくり返して立体の状態でとめていきます。
襟作りと同じで型紙の段階で形を決めていません。最終的な形は立体的に縫い合わせながら決めています。この作業によりどの厚さの生地も美しく仕上がります。つまり大きさで作ってる訳ではありません。最終的仕上がりは生地により誤差が発生する事があります。 襟作りでも使用していたテープを、とめていきます。これがないとせっかく立体的にしたものを固定出来ないからです。簡単な接着するタイプもありますが、手縫いで丁寧に止めていきます。接着のタイプでは完全に固めてしまいます。一方手縫いのテンションは、この後のアイロンワークで有効な柔軟性を残します。

最後に、伸ばしたり縮めたりしたところをアイロンで抑えていきます。アイロンで抑える事でウールはその状態を記憶します。

ここまで来ましたら、テープの上にミシンをかけて完了です。丁度ブログを編集していたら、通り掛った鈴木さんがこの写真を見て「いいね~、丁寧な仕事がわかるよ~」っと言ってくれました。 さて仕立てのお話しが続いていますので、本日はネクタイもご紹介させて下さい。 【Drake’s 18,000+税~20,000+税】 ボルドーのネクタイが気になったので、クレリックシャツを合わせてみました。ネクタイの柄に白が入っているので白い襟と良く馴染みます。 サンプルの細かいギンガムもいいですが、大柄のストライプやギンガムも気になります。 合わせるのは、1着分だけお店にご用意してあるアリストン社のグレー無地を選びました。毛羽は少し残した仕上げですが上品な光沢がありお勧めの商品です。 極細の繊維を使用した繊細な生地ですが、ハリがしっかりあります。 やっぱりボルドーよりも、ブラウンのペイズリーがいい気がしてきました。
クレストにご来店の際はごゆっくりお買い物をお楽しみいただければ幸いです。

当店はビスポークスーツの取り扱い店舗でございます。

SONY DSC

ご紹介は下記のリンクをご覧下さい。
Bespoke suit 仮縫い
Bespoke suit パターンメーキング
Bespoke suit 芯作り
Bespoke suit 芯据え
Bespoke suit袖作り
Bespoke suit 襟作り

詳しくは、クレスト店へお問合せ下さいませ。


ご来店の際は、ゆったりとして頂きたいので、誠に恐縮でごあいますがご予約をお願い致します。ご来店心よりお待ちしております。
麻布テーラークレスト 宮林
03-3562-0677【完全予約制】 ※お問い合わせもこちらへお願いします。

Leave a reply

Myメニュー

  • ヘルプ
    • 使用可能ブラウザ
    • 使用方法
    • 使用上の注意
  • 新着記事
My Shop

取得中

お気に入りリスト
全件削除

取得中

※この操作は取り消せません

はい
いいえ

MyメニューヘルプMyメニューとは?

気に入ったページやブログの記事を保存し、いつでもこちらのメニューからアクセスできるようになります。またMy Shopに行きつけの店舗を登録すれば、更新通知(※)を受けることもできます。
※当サイトを閲覧中、Myメニュー上に表示されます。PCやタブレット、スマートフォンへ直接通知するものではありません。

このMyメニューは特に何の登録も必要なく、誰でもすぐにご利用いただけます。
Myメニューのデータは、現在閲覧中のデバイス(PC、タブレット、スマートフォン)の現在使用しているブラウザに保存されます。その為、デバイス間のデータ共有はできません。
また、同じデバイス上でも違うブラウザを使用した際はデータを閲覧できませんのでご注意くださいませ。

  • 使用可能ブラウザ
  • 使用方法
  • その他使用上の注意
  • 使用可能ブラウザ

    • Google Chrome(Android版含む)
    • firefox
    • Safari(iOS版含む)
    • Microsoft Edge
    • IE11

    使用しているプログラムの関係上、比較的新しいバージョンのブラウザ以外では使用できません。最新のブラウザでご利用くださいませ。

  • 使用方法

    • My Shop

      店舗情報ページ(www.azabutailor.com/shop/)から店舗個別のページへ移動し、一番下にある「My shop登録」ボタンを押すとその店舗をMy Shopとして登録できます。

      My Shopへ登録すると、当メニュー下の「新着情報」が有効になり、登録した店舗の新着記事一覧が表示されるようになります。

      My Shopへの登録は1店舗のみとなっております。

      My Shopを変更したい際は現在登録中のMy Shopを解除し、新たに別店舗のページから該当の店舗をご登録ください。

    • お気に入りリスト

      サイト内各ページにある「お気に入りに追加」ボタンを押すと、その記事ページがお気に入りリストに追加され、当メニューよりいつでも閲覧できるようになります。

      お気に入りリストへの登録は最大50件までとなっております。
      お気に入りリストは最大数を超えると、それ以上追加することができません。リストから不要な項目を削除し、最大数以下になるとまた新たに追加できるようになります。

    • 削除方法

      My shop
      My shop横の「My Shopを解除」ボタンを押すと解除と共にデータが削除されます。
      お気に入りリスト
      リスト横のゴミ箱ボタンを押すと、その項目を削除できます。
      「全件削除」を実行すると、現在登録されているお気に入りリストのみ、すべて削除します。(※この操作でMy Shopは解除されません)
      Myメニューの初期化
      すべてのデータを削除します。
  • 使用上の注意

    • お気に入り登録している項目が増えるとページの表示や動作等が重くなる可能性があります。
    • Myメニューに保存されたデータは、お客様の使用している端末にのみ保存されます。その為、サイト運営者である弊社がそのデータを閲覧することやその内容を知ることはできません。
      同様の理由から、お客様が保存されたデータに万が一不具合が発生したとしても、弊社ではデータの復旧・保証をいたしかねますのでご了承くださいませ。
    • 「ブラウザに保存する」という特性上、開発ツール等を使用すれば保存されているデータを改変することができます。しかし、当アプリは正式なデータ以外では動作できなくなり、保存・読み出し・起動ができなくなる恐れがあります。
      保存されているデータの改変は行わないようお願いいたします。
      もし、改変等を行い正常なデータではなくなった場合、「データを初期化する」以外のすべての操作を受け付けなくなります。
My Shop新着記事

取得中

  • Myメニューヘルプ
  • 新着記事
  • 初期化