Aazbu Tailor Crest

Azabu Tailor Crest

Bespoke suit

未分類

お気に入りに追加

本日は、工房の仕事をご紹介させて下さい。

SONY DSC

手作業で仕上げていくハンドソーイングでは、作り手の個性が出ます。
まずは製図ですが、胸度式と短寸式というものがあります。
前者は、胸の大きに合わせて平均的な体型バランスに製図をします。肩幅を胸廻りからの割合で出します。
後者は、身体を細かく採寸をして製図します。肩は、肩にメジャーを当てて大きさを合わせるやり方です。

細かく採寸をして作図を行う短寸式のほうが、身体に沿います。
逆に言うと、体形バランスがそのまま表現される事になります。
一方胸度式はバランスのとれた体形を目指して作図を行うので美しいシルエットになります。
鈴木氏の言葉をかりると「胸度式はデッサンに近い」ということでした。

SONY DSC

鈴木氏は胸度式と短寸式を合わせて作図をします。
胸の厚みや背中の丸みは、特に重要な箇所ですので細かく採寸を行います。
また、ご体形に合わせて必要な箇所は短寸で採寸します。

鈴木氏の採寸を見ていて思うのが、格好良く仕立てる事を常にイメージしている事です。
ご体形に合わせる事だけではなく、生地やご着用のシーンに合わせてシルエットやディテールを検討しています。

SONY DSC

裁断の工程です。この前に”地直し”という工程があります。
巻いたり、畳んだりしているうちに歪んでしまった生地を綺麗に整える作業です。
専用の機械があるので、そこにお願いしたらどうですか?っと以前に提案したら、「自分でやらなくてはダメ」という事でした。
地直しをしている間に、生地の特徴を掴み傷がないかチェックも行っているようです。
生地の特徴を掴む事で、微妙な寸法の配分や芯の種類などを検討しているようです。
あと私が驚いたのは、柄に合わせてダーツの分量を調整しているところでした。
柄が綺麗に表現出来るように、型紙をおこしています。

SONY DSC

SONY DSC

仮縫いに入ります。
最近はご存知の方も多い”クセとり”の工程です。熱・水分・圧力で形が変わるウールの特性を活かして生地を曲げていきます。

SONY DSC

鈴木氏が言っていました。「針は抜くのを早くするとカッコイイ」
綺麗な縫い方ではなくて、カッコイイ縫い方を教えてくれるとは面白いと思ったのを覚えています。
本当に鈴木さんの手は速くて、5枚くらい撮影してやっと手が入りました。

SONY DSC

背中心です。

SONY DSC

背脇です。このクセとりで肩甲骨を包み込む膨らみをつくっていきます。

SONY DSC

ここは、前の首の位置です。ここで前肩の膨らみをつくります。このような手作業の積み重ねで高度のフィット感を生み出します。

SONY DSC

組み立てはミシンで行います。仮縫いでは手で仮止めでも良い気がしたので聞いてみたら、ミシンで行う事でシルエットがよりわかり仮縫いの精度が増す為との事でした。またスピードも早いからだそうです。

SONY DSC

”芯据え”の工程です。
どうでも良い話ですが、私は芯据えの工程がカッコイイと思います。立体的に作った芯にクセとりをした表生地を据えていく作業です。
縫う順番や方向が決まっていて、スッスッと素早く縫うところもあれば、グっと力を入れる場所もあります。醍醐味だと思います。
本縫いですと、据えた芯を表地と一体化させる”ハ刺し”を行います。「ハ刺しのスーツ」なんて言ったりします。

SONY DSC

仮縫いの準備が出来ました。

SONY DSC

そしてお客様をお出迎えします。少しご興味を持っていただけましたでしょうか?
ビスポークスーツを一緒にお楽しみいただけるご機会をお待ちしております。


ご来店の際は、ゆったりとして頂きたいので、是非ご予約をお願い致します。また、銀座でお時間できましたら、お気軽にお立ち寄りくださいませ。ご来店心よりお待ちしております。

今年も本当にありがとうございました。私の力が及ばずご迷惑をお掛けする事も多々あり心よりお詫び申し上げます。顧客様に安心してご利用いただけるように来年も精進して参ります。今後とも麻布テーラークレスト宜しくお願い申し上げます。それでは、良いお年をお迎え下さいませ。

麻布テーラークレスト 宮林
03-3562-0677【予約優先制】 ※お問い合わせもこちらへお願いします。

Leave a reply

My Menu

  • ヘルプ
    • 使用可能ブラウザ
    • 使用方法
    • 使用上の注意
  • 新着記事
My Shop

取得中

お気に入りリスト
全件削除

取得中

※この操作は取り消せません

はい
いいえ

MyメニューヘルプMyメニューとは?

気に入ったページやブログの記事を保存し、いつでもこちらのメニューからアクセスできるようになります。またMy Shopに行きつけの店舗を登録すれば、更新通知(※)を受けることもできます。
※当サイトを閲覧中、Myメニュー上に表示されます。PCやタブレット、スマートフォンへ直接通知するものではありません。

このMyメニューは特に何の登録も必要なく、誰でもすぐにご利用いただけます。
Myメニューのデータは、現在閲覧中のデバイス(PC、タブレット、スマートフォン)の現在使用しているブラウザに保存されます。その為、デバイス間のデータ共有はできません。
また、同じデバイス上でも違うブラウザを使用した際はデータを閲覧できませんのでご注意くださいませ。

  • 使用可能ブラウザ
  • 使用方法
  • その他使用上の注意
  • 使用可能ブラウザ

    • Google Chrome(Android版含む)
    • firefox
    • Safari(iOS版含む)
    • Microsoft Edge
    • IE11

    使用しているプログラムの関係上、比較的新しいバージョンのブラウザ以外では使用できません。最新のブラウザでご利用くださいませ。

  • 使用方法

    • My Shop

      店舗情報ページ(www.azabutailor.com/shop/)から店舗個別のページへ移動し、一番下にある「My shop登録」ボタンを押すとその店舗をMy Shopとして登録できます。

      My Shopへ登録すると、当メニュー下の「新着情報」が有効になり、登録した店舗の新着記事一覧が表示されるようになります。

      My Shopへの登録は1店舗のみとなっております。

      My Shopを変更したい際は現在登録中のMy Shopを解除し、新たに別店舗のページから該当の店舗をご登録ください。

    • お気に入りリスト

      サイト内各ページにある「お気に入りに追加」ボタンを押すと、その記事ページがお気に入りリストに追加され、当メニューよりいつでも閲覧できるようになります。

      お気に入りリストへの登録は最大50件までとなっております。
      お気に入りリストは最大数を超えると、それ以上追加することができません。リストから不要な項目を削除し、最大数以下になるとまた新たに追加できるようになります。

    • 削除方法

      My shop

      My shop横の「My Shopを解除」ボタンを押すと解除と共にデータが削除されます。

      お気に入りリスト

      リスト横のゴミ箱ボタンを押すと、その項目を削除できます。

      「全件削除」を実行すると、現在登録されているお気に入りリストのみ、すべて削除します。(※この操作でMy Shopは解除されません)

      Myメニューの初期化
      すべてのデータを削除します。
  • 使用上の注意

    • お気に入り登録している項目が増えるとページの表示や動作等が重くなる可能性があります。
    • Myメニューに保存されたデータは、お客様の使用している端末にのみ保存されます。その為、サイト運営者である弊社がそのデータを閲覧することやその内容を知ることはできません。
      同様の理由から、お客様が保存されたデータに万が一不具合が発生したとしても、弊社ではデータの復旧・保証をいたしかねますのでご了承くださいませ。
    • 「ブラウザに保存する」という特性上、開発ツール等を使用すれば保存されているデータを改変することができます。しかし、当アプリは正式なデータ以外では動作できなくなり、保存・読み出し・起動ができなくなる恐れがあります。
      保存されているデータの改変は行わないようお願いいたします。
      もし、改変等を行い正常なデータではなくなった場合、「データを初期化する」以外のすべての操作を受け付けなくなります。
My Shop新着記事

取得中

  • Myメニューヘルプ
  • 新着記事
  • 初期化