Aazbu Tailor Crest

Azabu Tailor Crest

Bespoke suit

未分類

お気に入りに追加

本日も、ビスポークスーツのお話しをさせていただきます。
この度ピックアップするのは「芯据え」の工程です。
最近は続けてビスポークスーツのお話しをさせていただいております。
もしよろしければ、そちらもご覧になって下さい。
Bespoke suit 仮縫いの準備
Bespoke suit パターンメーキング
Bespoke suit 芯作り

本日ピックアップ致します「芯据え」とは、表地に毛芯を据える作業です。
この工程の後に「ハ刺し」を行い、表地と毛芯を一体化させます。
ちなみに、今回ご紹介させていただくのは本縫いの芯据えではなくて仮縫いの芯据えです。

SONY DSC

芯作りの時にお話しさせていただきました「毛芯」には三角に切り込み(ダーツ)が沢山入ります。それを接着テープで止めて立体的に仕上げています。同じように表地に切り込みを入れて立体的にしようとしたら、縫い目だらけになりますし生地の方向が滅茶苦茶になります。ストライプの生地であれば、色んな方向へ縞模様が向いてしまいます。

SONY DSC

そこで表生地は「アイロンワーク」を行い立体的にしていきます。アイロンワークとは、熱と水分を利用して表生地を伸ばしたり縮めたりして立体的にしていく工程です。アイロンワークで立体的になったウールは時間とともに元の状態に戻ろうとしたり、ヨレヨレになってしまいます。

SONY DSC

その為にアイロンワークを行った表地に立体的に仕上げた「毛芯」を合わせて行きます。その最初の、仮止めの作業が「芯据え」です。

SONY DSC

私がこの作業で面白いと思うのは、縫う順番と縫う方向が決められている事です。「まずはここから決まった方向から据えていき、表地が若干余ってそれを、伸ばしながらこっちの方向に合わせて、この時にこっちがわの丸みを意識して・・・・・」的な感じです。

SONY DSC

据える縫い目の強さも加減しなくてはいけません。どうでも良いですが早いのに丁度良い強さで縫えてると「すごいな」って思うところです。芯据えは縫い目が大きいのでテンポ良く進んでいきます。ペラペラだった表生地と無機質な芯が一体となっていくのは楽しい時間です。

SONY DSC

肩先が当たるとお悩みの方は多いと思います。正直に申し上げて、そう簡単に解消されるものではありません。芯を据える時も鎖骨のくぼみから肩先の張り迄を十分に意識して数回に分けて沿わせていきます。

SONY DSC

あまり好きな言い方ではありませんが、「いせをころす」という工程があります。「いせ」とは簡単に言うと表地を縮める手法です。細かい針目で縫った糸を引っ張り、縫われた生地を縮めます。そのままでは生地がシワシワになります。この部分を「いせ」と言います。シワシワを消す為にアイロンで押しつぶします。この事を「いせをころす」と言います。

SONY DSC

アームホールの部分を縫っています。この時に丸めている部分は襟(ラペル)の位置です。違う箇所を縫っているのですが縫っていない場所の仕上りも意識しながら縫っていきます。

SONY DSC

ズレてほしくない箇所をしっかりと止めていきます。

SONY DSC

左手でつまんでいる場所が肩位置です。ふんわり持ち上がっているのが前肩が入るスペースです。

SONY DSC

「芯据え」が完了したものを人台にとめてみました。立体だった芯に、平面だった表生地が馴染んで一体化しているのを感じていただければ幸いです。

似たような画像が続いてしまいましたが、お読みいただければ幸いでございます。
ビスポークスーツのご予約は早くもいただいております。鈴木氏が一人で行う為ご注文数が集中すると納期に影響が出やすいです。もしご検討いただける際は、お早めなご注文をよろしくお願い申し上げます。
それでは次回は、ポケット作りのご紹介をさせて下さい。飽きてしまうかもしれませんので違うものもご紹介させていただきます。


ご来店の際は、ゆったりとして頂きたいので、是非ご予約をお願い致します。また、銀座でお時間できましたら、お気軽にお立ち寄りくださいませ。ご来店心よりお待ちしております。
麻布テーラークレスト 宮林
03-3562-0677【予約優先制】 ※お問い合わせもこちらへお願いします。

Leave a reply

Myメニュー

  • ヘルプ
    • 使用可能ブラウザ
    • 使用方法
    • 使用上の注意
  • 新着記事
My Shop

取得中

お気に入りリスト
全件削除

取得中

※この操作は取り消せません

はい
いいえ

MyメニューヘルプMyメニューとは?

気に入ったページやブログの記事を保存し、いつでもこちらのメニューからアクセスできるようになります。またMy Shopに行きつけの店舗を登録すれば、更新通知(※)を受けることもできます。
※当サイトを閲覧中、Myメニュー上に表示されます。PCやタブレット、スマートフォンへ直接通知するものではありません。

このMyメニューは特に何の登録も必要なく、誰でもすぐにご利用いただけます。
Myメニューのデータは、現在閲覧中のデバイス(PC、タブレット、スマートフォン)の現在使用しているブラウザに保存されます。その為、デバイス間のデータ共有はできません。
また、同じデバイス上でも違うブラウザを使用した際はデータを閲覧できませんのでご注意くださいませ。

  • 使用可能ブラウザ
  • 使用方法
  • その他使用上の注意
  • 使用可能ブラウザ

    • Google Chrome(Android版含む)
    • firefox
    • Safari(iOS版含む)
    • Microsoft Edge
    • IE11

    使用しているプログラムの関係上、比較的新しいバージョンのブラウザ以外では使用できません。最新のブラウザでご利用くださいませ。

  • 使用方法

    • My Shop

      店舗情報ページ(www.azabutailor.com/shop/)から店舗個別のページへ移動し、一番下にある「My shop登録」ボタンを押すとその店舗をMy Shopとして登録できます。

      My Shopへ登録すると、当メニュー下の「新着情報」が有効になり、登録した店舗の新着記事一覧が表示されるようになります。

      My Shopへの登録は1店舗のみとなっております。

      My Shopを変更したい際は現在登録中のMy Shopを解除し、新たに別店舗のページから該当の店舗をご登録ください。

    • お気に入りリスト

      サイト内各ページにある「お気に入りに追加」ボタンを押すと、その記事ページがお気に入りリストに追加され、当メニューよりいつでも閲覧できるようになります。

      お気に入りリストへの登録は最大50件までとなっております。
      お気に入りリストは最大数を超えると、それ以上追加することができません。リストから不要な項目を削除し、最大数以下になるとまた新たに追加できるようになります。

    • 削除方法

      My shop

      My shop横の「My Shopを解除」ボタンを押すと解除と共にデータが削除されます。

      お気に入りリスト

      リスト横のゴミ箱ボタンを押すと、その項目を削除できます。

      「全件削除」を実行すると、現在登録されているお気に入りリストのみ、すべて削除します。(※この操作でMy Shopは解除されません)

      Myメニューの初期化
      すべてのデータを削除します。
  • 使用上の注意

    • お気に入り登録している項目が増えるとページの表示や動作等が重くなる可能性があります。
    • Myメニューに保存されたデータは、お客様の使用している端末にのみ保存されます。その為、サイト運営者である弊社がそのデータを閲覧することやその内容を知ることはできません。
      同様の理由から、お客様が保存されたデータに万が一不具合が発生したとしても、弊社ではデータの復旧・保証をいたしかねますのでご了承くださいませ。
    • 「ブラウザに保存する」という特性上、開発ツール等を使用すれば保存されているデータを改変することができます。しかし、当アプリは正式なデータ以外では動作できなくなり、保存・読み出し・起動ができなくなる恐れがあります。
      保存されているデータの改変は行わないようお願いいたします。
      もし、改変等を行い正常なデータではなくなった場合、「データを初期化する」以外のすべての操作を受け付けなくなります。
My Shop新着記事

取得中

  • Myメニューヘルプ
  • 新着記事
  • 初期化