広島店

広島店

みなさんはどのように生地を選びますか?

未分類

お気に入りに追加

麻布テーラー広島店のブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

みなさんは、オーダースーツを作るときにどのようにイメージして生地などを選ばれますか?

初めてのオーダーの際はなにがどうなのかわからず、、、ということもあると思います。

今回は、麻布テーラー広島店スタッフが自身が着用するスーツを、どういう風に決めていくかを聞いてみました!!

麻布テーラー広島店スタッフが今シーズン仕立てた生地がこちら。

西山  スリーピース ワールドトラベラークラシックス

野間  スリーピース ワールドトラベラークラシックス

加納  シングルジャケット W.Bill

野間「西山さん、今回はグレーのカバートクロスですね。持っていそうですけどどうしてですか?」

西山「いや、意外とチャコールグレーのスーツって持ってなかったんですよ。昔あったんですけど何年か前のでデザインとかも、ん~って感じだったのと、ブリティッシュスタイルで仕立てたかったんで生地がしっかりしてて重厚感でる生地を探してたんです。それで今回この生地にしたんですよ。」

野間「確かにコシの強い仕立て映えする生地はいいですよね。」

加納「そういえば、野間さんの選んだ生地も同じワールドトラベラーの生地ですよね。」

野間「そうですね。ワールドトラベラーの中でも“クラシックス”というコレクションです。私が選んだソフトフランネルの他にも紳士の装いに相応しい骨太生地が収録されていますので、西山さんがブリティッシュネスを意識していたのならこちらを選ばれたのも納得です。」

加納「さすが、そこまで考えて生地を選んだんですね西山さんは。」

西山「いや、まぁそこまで考えていたかどうかは置いといて(笑)でもしっかりした生地で、チャコールグレーってのは決めていたので生地を探していて見つけたときは即決でしたね。野間さんのチョークストライプの生地は、やっぱりクラシック回帰で太ストライプが再燃してきたからですか?」

野間「はい、クラシックは不滅です(笑)。今シーズン麻布テーラーが推奨している『モノトーン』と麻布テーラーのシーズンテーマである『TONE&TOUCH(色調と素材感)』に則って選んだんですよ。」

加納「今シーズンの麻布テーラーのモノトーンテーマと、野間さんのイメージがぴったりです。」

西山「加納さんはどうやって生地を選んだんですか?」

加納「私はお二人みたいに、こういったものが欲しいって明確なのはなかったのでバンチブック(生地見本帖)を眺めて決めましたね。」

野間「今回の生地を選んだ決め手は?」

加納「ジャケットスラックスは今まで仕立てたことが何回かあって、手持ちのベージュのコットンパンツに合わせられたらなぁと思ってて、それで今回のベーシュの挿し色が目に留まったんですよ。」

西山「そういえばバンチブックをずっと見てましたもんね。」

加納「そうなんです。なにがいいかなぁ、おっこれかっこいいかなぁって悩んでるのが一番楽しいですし。」

西山「たしかに。生地を選んでるときがワクワクして楽しいですよね。」

加納「そうなんですよ。やっぱりいくつになっても出来上がりをイメージしながらの生地選びがオーダーの醍醐味ですよね。」

野間「その楽しみをお客様にも体感していただいて、そのお手伝いを私たちが行って、より良い一着をご提供できたらいいですね。」

 

と、麻布テーラー広島店のスタッフは今シーズンの自身のオーダーを決めたのでした。

オーダーというのはなかなか奥が深く難しいところもございますが、ご不明な点等ございましたらお手伝いさせていただきますので、お気軽にお越しくださいませ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

麻布テーラーでは、メール情報配信(azabu tailor e MAGAZINE)の

メンバー会員を募集しております。

セールやフェア情報などのご案内をメールでお知らせするサービスです。

是非ご登録ください。

→登録はコチラ←

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

Leave a reply