広島店

広島店 ブログ

カラーピンの印象(中級編)

未分類

お気に入りに追加

カラーピンのご紹介。

シャツ襟の左右に金属のピンを渡して
襟を留めるためのアクセサリーです。

 

麻布テーラーでは便宜的に商品名を
カラーピンで統一していますが
本来のカラーピンは安全ピン型です。
襟羽根にピンを刺して貫通させます。

 

【カラーバー】¥2,800+税

名前の通り真っ直ぐな棒状。バーベルとも。
鳩目のあいたアイレットカラー専用ですので
ピンホールカラーのシャツをお求めください。

 

【カラークリップ】¥2,800+税

こちらはゼムクリップの様に差し込むタイプ。
“カラースライダー”という表現が妥当です。

他にもダブルクリップの様にコイルの付いた
挟み込み式“カラークリップ”も存在します。

 


30’sヴィンテージカラースライダー

 

カラーピンのそもそもの役割は
タイの結び目が弛まない様に
ノット位置が下がらない様に
維持することにあったと考えています。

カラーピン流行の初期である1930年代当時
タイの芯は極めて薄く生地も滑り良かったため
弛みがちなノットをなんとか補正したいと
願う多数の紳士に支持されたと思われます。

 

古式に倣うなら襟に不要な引っ張り皺が
出ない様にタイの結び目を小さくするなど
工夫してお召しいただくとより整って見えます。

 


80’sヴィンテージカラークリップ

 

カラーピンから受ける印象を表すなら
「律する」という言葉が適切に思えます。

タイの弛みによる僅かな隙をなくしたい場合や
シャツ襟の剣先がウエストコートからはみ出て
お困りの際はカラーピンを用いてみてください。

法律家・税理士・会計士の顧客様は
勿論のこと一般常識を弁え礼儀に適って
高みを目指される方にお薦めいたします。

 

P.S.
フォーマルシーンでは使いませんのでご注意を。

 

カラーピンの印象(初級編)
アクセサリーを用いるなら
腕時計とシャツカフス

(野)

Leave a reply