ARTISAN SUIT①  アルチザンスーツの特徴って?

ARTISAN SUIT①  アルチザンスーツの特徴って?

ブログをご覧下さり誠にありがとうございます。

京都店 中田です。

11月3日(木) ~ 12月14日(水)

麻布テーラーでは ARTISAN SUIT FAIR (アルチザンスーツフェア)を開催させて頂いております。

数回に分けましてこちらの ARTISAN SUIT (アルチザンスーツ)と 

ARTISAN SUIT FAIR (アルチザンスーツフェア)のご案内をさせていただきます。

ARTISAN SUIT(アルチザンスーツ) とは麻布テーラーの新しいオーダースーツです。

大きな特徴は 手仕事が圧倒的に多い仕立てであるという事です!

一体何が違うのか

麻布テーラーのスタンダードモデルであるクラシコスーツと比べてみましょう。

こちらクラシコスーツの左肩部分にご注目下さい。

肩パットとタレ綿と呼ばれる副素材が、かっちりとした立体感を作ります。

衿や胸部分にも芯という副素材を含む事で、型崩れしない、綺麗なシルエットを保ちます。

続きまして アルチザンスーツ がこちら

随分スッキリした印象ですね。

副素材を極力排した、軽い仕立てである事が大きな特徴です。

続いてそれぞれトルソーに着せてみました。

ボリュームの違いを横から、

まずはクラシコスーツです。

続きまして アルチザンスーツ 

クラシコスーツが副素材のしっかり入ったボリュームある形であることに対し、

アルチザンスーツはトルソーに吸い付くようなしなやかなシルエットに見えます。

アイロンワークにより平面である生地を体のラインに添うように立体的に仕上げたり、

同じ長さのパーツをただ縫い合わせるのではなく、片方を少し長くして調節しながら縫製し、

立体的な形状にしたり といったプロの手仕事がそこかしこにちりばめられているからこそ

軽くしなやかなシルエットに仕上がります。

着用感は軽く柔らかく纏いやすいです。

個人的にはスラックスが体のラインに添う感じが気持ち良く気に入りました。

ウンチクだらけで長くなりました? 

次回ブログでは生地とフェアのご紹介をさせて頂きますので、ご興味をお持ちくださった方は是非!

【ご予約優先制のお知らせ】

WEB予約はこちらからお願いします

空き状況により、お電話での当日からのご予約も承っております。

【麻布テーラーの情報をいち早くお届けいたします

↓ ↓麻布テーラー京都店はこちら↓ ↓


インスタグラム始めました。

合わせて読みたい記事

フォーマルウェアを楽しむ

  • #オーダースーツ、京都
  • #フォーマルウェア
  • #ブラックススーツ

今年も、この季節

  • #オーダースーツ、京都
  • #大人の京都
  • #祇園祭

まだ間に合う、春夏スーツ

  • #オーダースーツ、京都
  • #早く仕上がるオーダースーツ
  • #春夏スーツ