みなとみらい店

みなとみらい店

スーツお仕立てが初めての方に向けて②

未分類

お気に入りに追加

【みなとみらい アイキャッチ】

ブログをご覧頂きありがとうございます。

前回に引き続き今回もスーツのお仕立てに関する

ブログをお送り致します。

今回はスーツ生地についてご紹介します。

スーツの生地と一言で言っても

使用状況や好みに応じた様々なラインナップがございます。

スーツの生地と言えば自国産はもちろん、

イタリア、フランス、イギリス、スコットランド、…などなど

各国の個性溢れる数千種類の生地のご用意がございます。

生地を選ぶ際には

生地に何を求めるか?

これが大変重要なポイントとなります。

ここで事例をいくつか…。

例①)営業職でスーツを着て一日中歩き回る。

例②)内勤で一日中スーツを着て座っている。

例③)結婚式やお祝い事くらいしかスーツは着ない。

こうした事例は比較的よくお受けするパターンです。

職業別にみた場合、内勤で歩き回ることが少ない方と

営業職で日中よく動き回る場合、

これらの事例に対して同じ様な生地の提案は正解ではありません。

まず①ですがスーツを着て歩き回る

という状況を考えてみます。

スーツの生地に使われるウールと言うものは

大変摩耗に弱いものです。

良く歩き回られる方に対しては

スレやシワに強い生地

おすすめします。

生地の生産国で言えばイギリスで作られた生地は

太い糸を用いガッチリと密に織られた頑強な生地が

一般的に多い印象です。

特にスラックスについては歩くだけでも

摩擦が多く起こります。

型崩れやシワが気になる方も多いと思います。

耐久性を求める方にはガッチリと

堅く織られた生地がおすすめです。

②内勤で一日中座っている。

一見スーツの痛みとは無縁そうな状況でありますが

「座っている」

この状況、実はスラックスにかかる負担は

軽微ではありません。

座っている状況では

尻~腿にかけて筋肉が集中する箇所は

生地が常に横方向に引っ張られた状況が続きます。

歩く時よりも座っている状態の方が

多くシワは付いてしまいます。

イタリア製の生地に代表される細い糸を用いた

光沢感溢れる柔らかい生地は着心地軽く、

色気のある印象も相まって人気も高いものですが

上記①、②の状況で使用する際に

シワや型崩れが気になるという方には

おすすめしません。

一度、生地質が堅めな生地のご検討もいかがでしょうか?

③結婚式やお祝い事くらいしかスーツは着用しない

この事例が一番自由度が高く、

提案や思案が楽しい事例でもあります。

スーツを着用したままでの作業や動きを

ほぼ考えなくていい状況下のお話であるので

比較的シワに強くない柔らかい生地の着用も

そこまで気を遣う必要がありません。

寧ろ、光沢感溢れる生地の着用は

場の雰囲気をより華やかな場へと

演出してくれるものです。

光沢感のある生地にしか出せない雰囲気を

大いに出して良い場所とも言えるかと思います。

上記3つの事例では、要は耐久性を重視するか

光沢感に代表される見た目を重視するか 

これらの違いであります。

一概に両者の優劣は付けられませんが

使う状況から判断して優劣を付けることはできます。

生地を選ぶ際にはこうした要素も考慮した上で

ご提案をさせて頂きます!

次回はスーツのモデルについてご案内いたします!

________________________________

みなとみらい店までの道順はこちら

みなとみらい店について詳しくはこちら

________________________________

フェア開催情報やお得な情報をお送りします!

(月1、2回の配信です)

下のリンクをクリックくださいませ

利用店舗みなとみらい店を選択

https://krs.bz/azabu/m/01_trk

 

Leave a reply