スーツの歴史

スーツの歴史

麻布テーラー名古屋駅店の渡辺です。

台風一過涼しくなると思いきや、暑さがぶり返してきました。

昼と朝晩の寒暖差が大きい季節です。

かぜなどひかないようお気お付け下さい。

 

今日は、スーツの歴史を簡単に、(諸説があり、あくまで個人の見解です)

スーツの源流は15,16世紀のフロックコートと言われています。

それが18世紀から19世紀にかけ動き易くする為、前裾をカットしたモーニングコートや

テールコート(燕尾服)が登場、

モーニングコート

その後、裾を切り落としたラウンジスーツが貴族の室内着、スポーツ用として生まれ、

さらに19世紀末から20世紀にかけアメリカで、ビジネスウエアとして着用し始め

世界中に広まったとされています。

その頃のスーツは、ベスト付きのスリーピースでした。

昨今の、ファッションの流れクラシック回帰によるスリーピースの流行も、

うなずけるところです。

スリーピース

では、日本ではどうかと言うと、

1543年ポルトガル船が種子島に漂着(鉄砲伝来・・諸説ありますが)した際、

乗組員を助けたお礼としてもらった西洋服を薩摩の郷士、伊集院 兼房が着たのが

最初だと言われています。  なんとなくジョン万次郎かと思っていたが、

もっと古く戦国時代とは‼

さらに時代は進み、明治5年11月12日より礼服として洋服が採用され

(毎年、11月12日は洋服記念日・・知らなかった)

その後、大正時代には一般化して来たようです。

欧米で一般的にスーツが広まったのが、19紀末130年ほど前なので

日本でも大正時代100年ほど前と考えると現代的なスーツの歴史は、

大きな差はないようです。

 

 

 

 

合わせて読みたい記事

タキシード小物

  • #おしゃれ
  • #タキシード
  • #タキシード小物
  • #テーラー
  • #フォーマル

半袖はポロシャツだけではありません

  • #オーダー
  • #おしゃれ
  • #こだわり
  • #シャツ
  • #ビジネス

ちょっと息抜き

  • #オーダージャケット
  • #オーダースーツ
  • #オーダースラックス
  • #名古屋駅
  • #麻布テーラー