紺無地スーツを一味違う素材で着よう。

紺無地スーツを一味違う素材で着よう。

早いもので2月です。

同時に、スタッフ山野君が昨年に仕込んでいた春夏のスーツが出来上がりましたので、早速ご紹介します。

非常にベーシックな紺無地です。が、今回は素材に注目しましょう。

モヘヤと言えば…で有名な英国生地ブランド【ウィリアムハルステッド】

非常にハリがあり、独特な光沢を醸し出し、特に春夏に人気な生地です。

いや、紺無地スリーピース最強にかっこいい。原点こそ、ピシッと着ると良さが分かります。

今回山野君が選んだのは、モヘヤが30%ブレンドされたもので相当に綺麗なシルエットが出ます。

しかも目付(生地の重さ)は1m辺り330g。それをベスト付きで仕立てたもんですから総重量は1キロ超え(驚)

初夏にかけては暑いですよ。えぇ間違いなく暑い。打ち込みがしっかりした仕立て映えする最高の生地だから暑い云々じゃなく、カッコいいから良いんです。そこに魅力があるんですから。

胸元はネイビーのロンドンストライプをクレリック仕様にネイビーと同色のレジメンタルタイで。

うん。スタイリングもバッチリです。

てなわけで、普通のスーツは持ってて少し変化を出したい方には是非モヘヤを。

モヘヤの配合(ウール60%×モヘヤ40% ウール95%×モヘヤ5%など)も生地によって多種あります。

※モヘヤは伸びませんし基本的にストレッチ性とは無縁の生地です(ドーメルの一部コレクションにはストレッチ混のモヘヤがあります)。混率によってはサイズ感も多少変わりますので予めご了承ください。

さて、生地は是非銀座3rd店で«色んなモヘヤ≫ご覧になってください。

 


azabu tailor / 麻布テーラー 銀座3rd店

〒104-0061 東京都中央区銀座3丁目3−6 モリタビル 2F 03-3563-9711


メールマガジン登録

こちらからご登録ください


合わせて読みたい記事

衿の違い、わかりますか?

新作生地が続々入荷

Ginza 3rd Snap