吉祥寺店

吉祥寺店

シャツのお話「本当の主役」

未分類

お気に入りに追加

吉祥寺店ブログのご覧いただき誠にありがとうございます。

 

季節の移り変わり。増税。皆様が店頭に駆け込む要素に満ちた時期になりました。

 

さて、今日はこれからオーダーを検討されている方に、「本当の主役」のお話を致します。

 

 

「オーダー」と聞くと、皆様まずは「スーツ」を連想されると思います。

 

「仕立てる」となると、金額的にも労力的にもスーツを始めとする「重衣料」に目が行くのは当然です。

 

しかし、「スーツ」そのものだけでは「装い」は完成しません。

 

 

どれだけ「スーツ」が体に合って高級感があっても、ネクタイ、コートがヨレヨレ、

 

鞄、革靴が手入れされていなくてボロボロでは「大人」とは言えません。

 

そうした意味で、「スーツ」と同等・同格で「装い」の主役となるのは「シャツ」です。

 

麻布テーラーではもちろんシャツのオーダーも承っております。スーツをお仕立ていただく際にはかならずシャツのご注文も

 

お伺いしております。

 

ここでよくお客様から聞くのが「シャツは既製品で間に合ってるから・・・」というフレーズ。

 

確かに既製品でも品質の良いシャツは存在しますが、サイズに関してはオーダーに勝るものはありません。

 

特に、「既製品」では合わないことがほとんどなのが「手首回りのサイズ」です。

 

一般的には手首が大きいことが多いと思います。

 

この様に、指2本以上入るくらいのことがほとんどです。

 

この状態だと、シャツが手首で止まらず、ずるずると落ちてしまうので、スーツの袖からシャツが必要以上に覗いてしまいます。

 

オーダーではここのサイズ調整ができます。

 

例えば、私はかなりピッタリと合わせています。

 

ここまでピッタリ目にするかはお好みですが、これくらいか指が一本入るくらいなら手首でしっかり止まるので、

 

視覚的(スーツの袖から覗く長さ)にも体感的(サイズ面)にも「フィットしている」と言えます。

 

「フィットしている」シャツは、スーツのオーダー感もより引き立ててくれます。

 

スーツがフィットしていても、シャツが必要以上に長かったり、袖から見えていなかったりすると、スーツ自体もサイズが合っていないように見えてしまうからです。

 

この様に、互いに引き立て合い、より良い「装い」に高めてくれる、もう一つの主役、シャツ。

 

せっかくスーツもオーダーされたのに、シャツは既製品のままでは勿体ない。

 

是非、シャツも合わせて仕立ててみてはいかがでしょうか?

 

佐々木

 


初めてのご利用の方はこちらをぜひご覧ください。

『麻布テーラーを初めてご利用いただく皆様へ』


【麻布テーラー 吉祥寺店】
Address:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-2-7 プラザ・オギノ2F
Telephone:0422-20-8520
Opening Hours:12:00~20:00(土日祝11:00~20:00)
Last Order:19:30
Regular Holiday:木曜日

 

過去の吉祥寺店ブログはこちら↓↓

 

 

セールやお得なフェア情報などのご案内を、メールでお知らせするazabu tailor e MAGAZINEはこちら↓↓

 

Leave a reply