Formal Wear

本日はフォーマルウェアをご御紹介させて頂きます。

冠婚葬祭でお使いになるのに年間を通して必要になってくるフォーマルウェア。

今回はタキシードとディレクターズスーツを御紹介致します。

まず、こちらがタキシード。

衿は拝絹仕様のピークドラペル、前1つ釦、パンツは共布で側章のついたものをあわせます。

次にディレクターズスーツの御紹介。

披露宴の主賓の方や、準礼装指定のパーティなどに着ていくものです。

こういったブラックのジャケットにシルバーのベスト、グレーのストライプの入ったコールパンツを合わせるスタイルです。

ブラックスーツがあればそのジャケットを使っていただくのがいいかもしれません。

では、次に生地を少し紹介させていただきます。

フォーマルといっても生地も様々ございます。

一番需要の多い結婚式などに出席する際に着ていくブラックスーツ。

黒無地だけでなく、こういった織柄のストライプやチェックの生地も華やかさがでてお薦めです。

その際に中にベストなどを着ていかれてもお洒落ですね。

スーツが黒無地ならこういったチェック柄のベストが非常に栄えてきます。

こちらは先ほど紹介させていただきましたコールパンツの生地。

この様に、はっきりとしたストライプが最適です。

さあ、最後は少し変り種を。

ご自身のご結婚式でスーツを作られるお客様で要望が多いのが、

一度しか着れないのはもったいないので、普段でも着れるようなものがいい

というものです。

確かにせっかく仕立てたのに、出番が一度限りというのは寂しいものです。

そこで御紹介いたしますのがこちら

コットンツイルとコーデュロイの生地です。

ややカジュアルすぎるのでは、と思われる方も多いと思います。

しかし、カジュアルウェディングが増えてきた中こういった生地でお仕立てになる方も少なくはありません。

ほんの一部ですがフォーマルウェアについて御紹介させていただきました。

フォーマルといっても今では様々な装いが見られようになってきております。

shinsaibashi 小田

合わせて読みたい記事

DRESS JERSEY COLLECTION

  • #オーダージーンズ
  • #オーダースーツ
  • #ジャケット
  • #シャツ
  • #スーツ

オリジナルニットタイの魅力!!

スタッフオーダーコートが仕上がって参りました!!