お仕事に黒のスーツは 〇? ×?

お仕事に黒のスーツは 〇? ×?

「華の衣」、ドーメルも今回は黒で。

 

ブラックスーツほどベストの有る無しで意味や雰囲気が変わってくるものってありませんよね。

 

蝶タイならば…、

 

ブラックタイ(=タキシード)の残り香で幾分か夜らしくてあでやかな印象になります。

 

その理屈で比較すればシルバータイならば昼間のアクティブで爽やかなシーンを連想させます。

 

フラップ(ポケットのフタ)を内側にしまえば、より「わきまえた」品格が漂います。

 

「タキシードを仕立てたら、その後の着用機会が心配…。でも有りモノで済ませるのも寂しい。」

なんて方にはピークドラペルのスーツをオススメ。

ビジネスで使っても何ら問題はございません。

どころか「上向き」で「幅の広いエリ」はビジネスシーンに於いてこそ戦略的な印象操作に相当、有効と言えます。

 

ブラウンのネクタイを合わせれば簡単にオシャレで知的な印象に。

茶色でしくじった時特有のコテッとモッサリ感防止の為に中はグレーストライプのクレリックシャツでスタイリッシュに格上げすると良いのではないかと。

ビジネススーツは戦闘服(屋外着)により腰ポケットのフラップは出しておいた方がよりスーツらしい面構えになって礼服(屋内着)との差別化もできます。

 

そして敢えて同じシャツでネクタイとポケットチーフのみ変えるだけで、連想されるシーンがこれ程までに異なってきます。

感じられたシーンは御想像にお任せ致します。

 

ところで。

ビジネス(仕事)で黒のスーツってオーケー?タブー?

とはよく聞かれます。

これは私個人の了見なんですけど結論から申し上げれば「そもそも是非の議論が出る時点でビジネス服としては不合格、不安ならやめておいた方が吉」です。

やはりビジネススーツとしてはまず基本色としてネイビー

(ネイビーも色々です。ミッドナイトからライトまで。)

 

準じてグレー

(も色々。素材や柄まで考慮したら網羅しきれないほど拡がりのある色です。)

 

ちなみに余談ですが、男は狩猟の歴史から動いてるものを見る目、「動体視力」に長けている傾向があるのに比べ転じて女性。

女の人は子どもに「これを食わせて平気か!?」どうかや子供の顔色などで体調具合を判断する為に「色覚(≒色彩視力)」や嗅覚の優れたDNAを持つことが多いんですって。

 

いやぁ、確かに!

勿論、髪色やメイク、ネイルなど男よりも「色を纏うことが日常的」な方が多いのでその能力がより衰えにくいのもあるでしょうしレディーススーツの御対応していてしょっちゅう思いますけど裏地の選び方が上手ですもんね、多くの方が(伝票とペン渡して書き方教えるので俺もう帰ろうかな~ってくらい私が役立たずな瞬間です)。

虹も男から見れば7色以下、女の人はそれ以上に見えている説もあるくらいですからねぇ。

(そして男を惹き付けて止まないクルマや機械式腕時計、競馬やパチンコ…、全部動くものです。)

 

閑話休題。

 

では黒はなぜ是非を論じられてしまうのか。

海外の掲示板サイトや顧客様とのお話で伺った又聞きの情報にはなりますが、

 

・夜のイベント感が強いから仕事で着ると「えっ!?You,今日どした??」ってなる

・キリスト教圏に於いて黒は悲しみの色

・眼も髪も黒くない白人の僕らには似合わないんじゃないかなぁ(「いや、めちゃくちゃ似合ってますけどね…。」by黄色人)

 

だそうです。

にも拘らず日本に於いてブラックスーツが珍しくもなんともないのは高度経済成長期以降の既製スーツ大量生産化の背景も手伝った模様…。

「黒は喪服由来で最上級の礼節ある色!とりあえず冠婚葬祭、ビジネス、コレ1着でOK!」的な量販業界による一種のマーケティングの影響もあるそうです。

「作りやすく」「売りやすかった」色、「ブラック」!

 

で す が !

 

様々なサイトで散見される「欧米じゃブラックスーツはありえない!!」みたいな極論は鵜呑みにしない方が良いです。

シンプルでセンセーショナルな方が読み易くてクリック数稼げますよ、的なコピーライティング教育を涙ぐましいほどに忠実に実行しているだけなので読者目線ではありません、その情報自体は。

 

仮に欧米ではありえないんだとしても東アジアではあり得ているのが事実ですし、そもそもスーツ生地の大半はヨーロッパブランドで紺色ほどではないにせよ大体のブックに黒い生地はあります。

麻布テーラーでそれらを選ばれる欧米人の方々もいらっしゃいます。

大丈夫です。ありえなくは、ないです。少ないですけどね。

 

ただ、黒に頼り過ぎると印象操作が不利になり兼ねないんですよ。

ファッションもピッチングも肝は緩急で、常時145~155km/hのピッチャーよりも95km/hのカーブと135km/hのストレートで40km/h差を付けた方が打たれにくいのと一緒で日常的に様々な色を着こなすからこそ黒がスパイスとして意味を伴うわけです。

「おっ!」ってなるわけです。

 

麻布テーラーへスーツをオーダーにいらして「黒の是非」を問う時点で、すでに皆様のオフィス内でのスーツリテラシーは控え目に申し上げても平均以上だと思うんですね。

そういったネイビーやグレー、最近だとブラウンも台頭してますがお仕事用スーツとしての定番色を日頃から着こなしている方々がある日急に今回のようなピークドラペルのブラックシャドーストライプを着て来たら「本気感」や「勝負感」、または「厳粛感」を演出できるんですよ。

色から連想されるイメージが強いだけに知見やセンスの問われる難しい代物ではありますが「特別感」溢れる1着として「是非」!

ではまた!

 

合わせて読みたい記事

半袖が苦手な私

  • #&B
  • #オーダー
  • #オーダーシャツ
  • #オシャレ
  • #カバーオール

働き方

  • #&B
  • #オーダー
  • #オーダースーツ
  • #オシャレ
  • #ジャージー

【R&BLUES期間限定】オーダーチノ

  • #&B
  • #R&BLUES
  • #オーダー
  • #オシャレ
  • #ジーンズ