真冬の即戦力アウター

イギリスに続いて今回はイタリア。

メンズファッションの両雄、と言えますね。

Barbatti-バルバッティ

1974年、ナポリで創業した元々はパンツ専業のファクトリーブランド。
創業以来、有名ブランドのOEMを手掛けてきた優良ファクトリーで、多くのイタリアブランドが海外に生産拠点を移していく中、イタリアデザイン、イタリア生産を堅持。

パンツに関してはそれはそれはもう誇張無しで絶大な人気でした。

(入荷御連絡やお取り寄せ手配と、色々と忙しかったなぁ。)

初日に全色買いのファンもいらっしゃる位ですから。

私も何本か所有しておりますが確かにシルエットと素材感は群を抜いてます、同じ価格帯のパンツと比べて。

 

前述の通り、元々は様々なイタリアのブランドの下職をしていたという歴史を持っています。

そのため、確かな職人の技術を持っていますし、高い信頼性を築き上げているのが特徴です。

 

よって、パンツのみならずトータルコーデとしても当然高い評価を得ているわけです。

作り手さんの造詣やノウハウがしっかりしている証です。

 

(後述ですがイタリアブランドらしくカラーリングがいちいちキュートなんですよね。)

 

というわけで冬本番の今はコート。

 

Black

 

Green

 

Brown

 

三色展開。

 

温かみのあるコーデュロイ地は重厚感も感じさせますが、伸縮素材も入っているので見た目とは裏腹に着心地は抜群。

シワになりにくいのは非常にありがたいです。

 

OFFの際はそのままフード付きでスポーツ&リラックスなトレンドウェアとマッチ。

ブラウンとコーデュロイのマッチングだと、クラシックなカントリースタイルともバッチリ合いますから「俺はイギリス派だぜ」って方にも是非楽しんで欲しいトコロです。

 

着脱可能なことにより、カジュアル素材でありながらこの高い襟がドレス系アイテム(ジャケット&セットアップなど)との親和性も高めます。

 

手ぶらなメンズには大容量ポケットは必須ですよね。

ちょっと口が斜めになっているところがスタイリッシュさの演出も手伝います。

 

バルバッティを生み出したイタリア人のアントニオ・ザガリアさん。

パンツデザインのインスピレーションは休暇中に訪れた地中海のビーチリゾートから。

 

それもあってかアウターに関しても、こういった配色に一つ一つのコダワリや意匠を感じさせられます。

個人的にもこの黒がオススメで、なぜなら黒って手を出しやすい色なんですけどやはりどこか愛想に欠けるんですね。

良いニュースで「黒づくめの男たち」なんてワード聞いたこと無いじゃないですか。

なんですけど、優秀な職人やデザイナーによる、この手間の掛かるダブルフェイス(外側がブラックで内側がピンクの二枚合わせ)で強めな黒でも可愛らしさや優しさを感じさせてくれます。

とはいえメインは黒なので大体のお持ちの服とも合わせられるのではないかな、と。

 

配色はこんな感じです。

ウィンターリゾート的な明るめのカラーリングで華やかな印象ですよね。

シルエットもイタリアブランドらしく縦長でエレガントなのでメンズの魅力を引き出してくれます。

冬服でも地中海スタイルの軽やかで明るいイメージで作られていますので、スポーティーで若々しい装いをするのに適しています。

 

マフラーだけでも愛想やファッション性は倍増しますよ。

 

 

Barbatti  Outer Price  ¥48,400-
UMBERTO FORNARI  Stall Price ¥12,100-

 

ではまた!

 

合わせて読みたい記事

Coming Soon!!!

シャツフェアの良さって?

  • #&B
  • #オーダー
  • #オーダーシャツ
  • #オシャレ
  • #カスタマイズ

どれを選ぶ!?7つのオーダーコート#2

  • #&B
  • #2019
  • #オーダー
  • #オーダーコート
  • #オーダースーツ