HEADQUARTER

HEADQUATER

ドットをどっとご提案。

TIE, 上月 剛

お気に入りに追加

関西店舗?で必ずこの題目でブログを出すのではないかという確信があったので、先に使用しました(笑)。ご想像どおり、今回は「ドット柄ネクタイ」がテーマです!

Vゾーンは、スーツの顔というべき重要な部分です。特にネクタイは、着こなしの印象を大きく左右するアイテムだけに、色選びには特にこだわりたいところだと思います。そこで、おおいに役立つのが、麻布テーラーの108色を揃える定番ネクタイです。

「Super solids®」という無地のサテン、バスケット、小紋柄、ニットタイが各18色、「Super stripes®」というネイビーベースの18色ストライプ、そして今シーズンから新に仲間入りした「Super dot」というネイビーベースの18色ドットで合計108色になります。

無地とストライプとドットだけで各18色も定番化しているショップは、私が知る限り少ない、いや見たことはありません。なぜなら、ベーシックデザインといえども18色もあればシーズンに数十本しか売れない色もかなりあるので、リスクがあまりに大きいからです。売れない商品を定番化する店は普通では考えられません。

そんな中で、なぜ私がこの企画をスタートさせたかと言いますと、お客様にスーツやシャツと同じように、オーダー感覚で色合わせをしていただきたいと思ったからです。麻布テーラーは約3,000種類のスーツやジャケット生地、そして約300種類のシャツ生地のバリエーションをご用意しています。108色あれば必ずピッタリのVゾーンが作れると思います。

このネクタイを発売してから、お客様には大変喜んでいただいておりますが、在庫が多くなり会社には喜んでもらえません?!それでも、この企画を許してくれた社長、副社長は喜んでくれていると信じています(苦笑)。

さて、このネクタイですが色数が多いという特徴だけではありません。京都西陣で手配した厳選した絹糸を染めた状態で丹後まで運び、希少な低速織機で織り上げます。なんと、1時間で約50㎝しか進みません。よって通常ネクタイの2倍の時間がかかっています。時間がかかるということは、経糸(たていと)と緯糸(よこいと)の密度が極限まで高まり張りと膨らみのある風合いが出来るのです。ソリッドなどシンプルなデザインで最も大事な発色の良さはここから生まれます。このように品質は最高なのですが、定番といっている割には店頭に入荷されないデメリットもあります。定番にするには時間のかかり過ぎるネクタイらしいです(汗)。

バリーション数は圧巻の108色!オーダー感覚で選べる上質ネクタイ!さらに、このこだわりで¥4,500+税という驚きのプライス(ニットタイのみ¥5,500)です!今シーズンは「ドットをどっと」ご購入下さい(笑)。

Leave a reply