京都店

京都店

2020AW 仕立て上がりのご紹介

未分類

お気に入りに追加

深澤です!

秋冬シーズンが始まり、店頭に並んでいる洋服も衣替えとなりました。

自分が着用するわけではないサンプルだとしても、新しい洋服が入荷するこの時期は個人的に楽しみの多い時期!

今年つくって頂いたサンプルは全てご紹介したいと思いますので、楽しみにしていてください。

 

今回は京都店に一番初めに入荷した、麻布テーラー別注のロロ・ピアーナの生地で仕立てたスーツのご紹介です。

 

光沢の華やかでありながら、英国的な雰囲気のあるブラウンスーツです。

モデルはコンチネンタルモデルで仕立てました。ワイドなラペルやウエスト位置を含めた全体的な重心が、他のモデルに比べると低く設定されているのが特徴です。見た目としての印象は、優雅に落ち着いた印象になるように感じます。

 

 

ブラウンスーツについては、お客様から聞いて頂く事も増えているので「トレンドから定番になってきています」というのも本当だと思います。

そんなブラウンスーツも華やかすぎる色づかいではビジネス向けとは言いにくい時もありますし、砕けた印象が強くなってしまう事もありますが、麻布テーラー限定の生地として選び抜かれたこちらのスーツはビジネスシーンにお使い頂きたい清潔感のある仕上がりです。

 

悩ましいところでしたが、普段お選び頂いていない方にも見て頂きたかったので、チェンジポケットもつけました。チェックと言えど、表地との柄も合わせてあり悪目立ちしません。

 

 

折角の贅沢な生地でしたので、水牛釦(オプション料金+¥3,500)を選びました。光沢もそうですし、一つ一つ表情が異なるのが嬉しい所です。水牛釦に限らず天然素材の釦は「どんな表情の釦が付いてくるかな」と出来上がりを楽しみにして頂きたい部分の1つです。

 

 

写真はシャツが長すぎますが、袖口の釦は存在感があります。こちらも折角ですから、本切羽(オプション料金+¥3,000)にしてもらいました。あまり人の目にとまらないかもしれませんが、高級感をお求めの方にはぜひお選び頂きたい部分です。

 

コーディネートは生地が良く映えるようにシンプルにしてみました。神戸店でも同じ生地のサンプルをコーディネートしていますので、ぜひ参考に。「色々なコーディネートを楽しめる」という事も生地選びの一つの基準として魅力的です。

 

色違いでネイビーもあります。

価格はシングルスーツで¥100,000+税、ベステッドスーツで¥133,000+税です。

ブラウンで、チェック柄で、お仕事に使いやすく、シーズンレスで着用でき、コーディネートも楽しめる。良いところ満載です!

ぜひ店頭でご覧になってみて下さい。


京都店はWEB予約を頂けるようになりました!↓

azabu tailor京都店はコチラ!↓

↓ ↓お得な情報はメールマガジンにて配信中!登録はコチラ↓ ↓

 

 

 

 

 

Leave a reply