銀座3rd店

銀座3rd店

シャツの襟型 -クラシック-

SHOP INFORMATION

お気に入りに追加

事前予約制フロアオープンのお知らせ

麻布テーラー銀座3rd店3F

予約専用電話番号

03-5579-9239

ご予約の日時は一か月先までご指定が可能です。

前日までのご予約とさせて頂いている為、当日予約はお断りさせて頂いております。予めご了承ください。

また、土日祝日に関してはご予約が非常に集中しているため、1~2週間ほど早めのご予約をおすすめ致します。

詳しくはお電話にてお問い合わせくださいませ。


銀座3rd店ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

ここ数年、男性のファッションの中でクラシック回帰というワードが流行を代表するものとして雑誌などでも何度も取り上げられています。

古き良き男性らしい着こなし方に敬意を払い、もう一度原点となるスーツスタイルに注目が集まっています。

 

かつてはシャツは下着そのものとして認識されており、それを露出する部分がなるべく少なくなるようにして着用されていたのがウェストコート=ベスト。

それゆえに、スーツは元々はスリーピースで仕立てたものに、きちんとネクタイを締めるというのが原則的な着こなしのルールでありました。

 

もちろん、現代でそのようなガチガチのルールにとらわれすぎる必要はないでしょう。

日本は四季の変化が激しく、特に夏場は湿度気温共に高く亜熱帯気候とも呼べる環境であるからです。

夏場の蒸し暑い時期に、ネクタイを締めジャケットを着用するのはたしかに合理的でない部分もあります。

お勤め先によっては堅く控えめなツーピースのダークスーツが好まれるお客様もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

では、どんな格好をするのが一番ベストなのか?

お客様のお仕事や立場、着用するシーンによって様々だと思います。

 

そのようなお客様一人ひとりの要望や悩みに応えるために、仕立て屋=テーラーと呼ばれる職業が存在します。

是非、店頭にお越し頂いて一緒に理想のスタイルに合わせてご提案をさせて頂ければと思います。

 

さて、前置きが長くなりましたが今回もシャツの襟型のご案内です。

伝統的なスリーピーススタイルにもってこいな、クラシックスタイルに是非おすすめなデザインです。

-タブカラー-

レギュラーカラーをベースにし、襟羽根の間にタブを設ける事でネクタイを締めた時に結び目=ノットを立体的に持ち上げるデザインです。ここ1~2年で雑誌などにもかなり多く取り上げられている襟型なのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

正面からの着用例です。

このように横から見るととても分かりやすいです。Vゾーンをよりコンパクトに、立体的にすることで視線を集めるような端正なコーディネートになります。写真のような襟と袖を白くしたクレリック仕様でオーダーして頂くのも非常におススメです。

-ラウンドカラー-

襟先を丸く仕上げたデザイン。元々は英国を彷彿とさせるクラシックなデザインですが、襟先がとがっているものと比べるとやや可愛らしく見えやすいですね。スリーピーススタイルやダブルブレステッドスーツに合わせると非常にカッチリとした印象になりますが、ベスト無しでツーピースで着用すると程よく柔らかい印象になります。また小さめの襟型なので、あえてノーネクタイで、というのもいいかもしれません。

-ピンホールカラー-

タブではなく、金属製のカラーバーを差し込んで結び目を強調するデザイン。1930年代頃を題材にした映画などで見られる、非常にクラシカルな襟型です。

-ラウンドタブカラー-

タブカラーの剣先を丸く仕上げたタイプ。ラウンドカラー同様、柔らかい印象でお召し頂くことが出来ます。

 

いかがでしょうか。

一口にオーダーシャツといっても様々なデザインのご用意がございます。

お客様の求めるスタイルに合わせてぴったりのデザインを是非探してみて下さい。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

宮坂


銀座3rd店移転リニューアル致しました。

移転先

〒104-0061

東京都中央区銀座3-3-6 銀座モリタビル2F/3F

03-3563-9711

Leave a reply